みなさま、こんにちは!烏丸御池:「こもり歯科医院」、院長:小森由子です。

秋は学会が全国で多く開催されます。現在、大阪で日本口腔インプラント学会が開催されています。
金曜日の午後は休診をさせていただき、教育講座を受講してきました。
会場は空席がないほど全国の多くの歯科医師が受講していました。それだけ、インプラント治療は今では特別な治療方法から、他の治療と同じように治療のオプションのひとつになってきています。

今回のテーマは「超高齢社会への責任」です。インプラント治療に携わって10年、40代に治療された方は50代に、60代で治療された方は70代に・・・
インプラント治療により食事形態の維持と健康を保つことができるとともに、年齢にあったメインテナンス方法が必要にもなります。

日曜日も学会に参加してきます。
最新の治療方法の情報取集と共に、インプラント治療に携わる歯科医師がこれからの社会にどう責任を果たすのか、しっかり勉強してこようと思います。

今後も研修や学会で休診させていただく場合がありますので、ホームぺージ・お電話にてご確認・ご協力よろしくお願い致します。