京都で女性院長の歯医者さん:Have a Seat. Have a Smile.        地下鉄烏丸線:烏丸御池駅 徒歩1分

1期治療・2期治療とは?

1期治療・2期治療とは?

1期治療を行う時期は、小学校低学年までのほとんどの乳歯が残っている時期です。 顎の成長発育促進、悪習癖の除去、永久歯に交換した前歯を整えることが大きな治療目標となります。 この時期に開始することで、「本格矯正(2期矯正治療)」の期間を短く、また抜歯の必要性も低くなります。この時期の治療は比較的痛みも少なく、効果的に歯を配列できます。お子様もすぐに慣れることが多いです。

1期矯正治療のメリット
顎が小さく、歯が大きいとどうしても歯がきれいにならびません。
小学校低学年までの成長発育が盛んな時期に第1期治療を始めると、下記のようなメリットがあります。
・ 不足している歯の萌出スペースをつくりやすい。
・ 歯を抜かない矯正治療ができる可能性がある。
・ 顎の発育をコントロールしやすい。
・ 噛み合わせや、顎の成長発育にかかわる癖が治しやすい。
・ 第二期治療がしやすく、治療期間が短くなる可能性がある。

2期治療を行う時期は、学童期以降〜大人です。 すべて大人の歯(永久歯)に生え変わった人の治療方法で、基本的に永久歯全てに装置を装着します。
*第一期矯正治療が終了した後、一度患者様とお話しさせていただきます。必要と思われた永久歯にすべて交換した人が行う仕上げの治療を2期矯正治療を行います。2期矯正治療は、本格的矯正治療と同じように、全ての永久歯に装置をつけます。

お気軽にお問い合わせください TEL 075-744-6933 診療時間 9:00 - 18:00 [ 日/休診日除く ]
最終受付:初診の方は17:00

PAGETOP